有限会社 うな勢

伝統の味を受け継いだ炭焼の絶品国産うなぎ料理をご提供致します。
うな重・蒲焼・白焼き等|三重県四日市市城西町【うな勢】

HOME»  うなぎ雑学

うなぎ雑学

うなぎ雑学

 

なぜ夏の時期に鰻を食べるようになったかご存知ですか?
有名な説として、平賀源内が知人の鰻屋のために[本日、土用の丑の日]と記載して店頭に張り出したところ大盛況したことが始まりとされています。
起源としては説得力のないもですが、鰻は良質なたんぱく質と脂質に加え、ビタミン群が豊富で栄養バランスが優れており、肉類に比べ消化にも良いことから、夏のスタミナ源として食べられている事は理に適っていると言えるでしょう。 
また鰻は『石麻呂に吾もの申す夏やせによしといふ物そむなぎ(鰻)取り食せ』 このように大伴家持が詠んだとして万葉集にも記されている通り、古くから夏バテに効くとされてきました。 栄養の宝庫と言われる鰻の中でも特に豊富に含まれているビタミンAは、視力の低下を防いだり、皮膚や髪の健康を保つばかりでなく、体の抵抗力をつけてくれます。

 

同じビタミンAでも魚介類に含まれるビタミンAはレチノールと言われる成分で、 野菜などに含まれるカロチンより吸収率が高いとされています。 鰻は脂肪分が豊富なため、脂溶性であるビタミンA(レチノール)をより吸収しやすくし、100gで1日のビタミンA必要量を摂取することができます。
免疫力を高め、抵抗力をつける働きをするレチノールを摂取する事により、夏バテの予防・防止・解消に役立ちます。 
また、鰻には疲労回復や美肌などに効果のあるビタミンB群・Caの吸収を助けるビタミンD細胞の老化を防ぎ若返りの効果があるビタミンEなどが含まれています。 
他にも不飽和脂肪酸(DHAやEPA)やレシチンなどが含まれています。
DHA(ドコサヘキサエン酸)には脳の働きを活発にしたり血中のコレステロール値を抑制する働きがあり、
EPA(エイコサペンタエン酸)動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの生活習慣病の予防にされています。
レシチンとは体の細胞膜を構成する主成分であり、脳細胞に欠くことのできない栄養素です。このレシチンが不足すると、免疫力低下・不眠・動脈硬化・糖尿病などが起こりやすくなります。

 

うなぎ雑学

 

うなぎ雑学

 

あまり知られていませんが美容には欠かせないコラ-ゲンが皮に多く含まれているそうです。
昔の女優さんは写真撮影の前日にはうなぎを食したそうです なぜか?コラ-ゲンの力で化粧ノリが良く肌がすべすべで映りが良かったからと言われています。
良く女性で皮だけ残して召し上がる方が見えますが、せっかくもっと美しくなるチャンスを逃しているんですよね。
この様に鰻には多くの栄養がバランスよく含まれているので、夏バテになる前の夏バテ対策に重宝する食材なのです。ただ栄養だけでなく鰻には、かば焼100gあたり21.0g、白焼き25.8gの脂質が含まれています。

そのため脂っこくカロリーが高いと思われがちですが、鰻に含まれる脂質は、肉類に多い飽和脂肪酸(悪玉コレステロールの原因)と違って、悪玉コレステロール抑制作用のある不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
鰻は夏バテ解消、予防・視力作用・体力回復・美肌効果・生活習慣病予防など様々な健康的効果が見込まれます。
鰻といえば『夏の食べ物』という印象が強いですが、鰻の旬は冬眠に備えて養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期です。今では一年中おいしい鰻が食べられますので、体のためにも定期的に鰻を食べることをお勧めします。

 

店舗概要

店舗概要

 

TEL:059-353-0100

〒510-0829 三重県四日市市城西町8-15 (松本街道沿い)
営業時間: AM11:00~PM9:30 (オ-ダ-ストップ PM9:00)

木曜定休(木曜日に宴会ご希望の場合ご相談ください)
 

店舗概要詳細、アクセスマップはこちらをクリック>>