土用の丑の日になぜ、うなぎを食べる?その由来とは?

うなぎの直火焼き_皮側_4本_うな勢

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは、平賀源内の思い付きから?

もともとは、土用の丑の日に「う」につくものを食べると病気をしないという風習があり、梅干し、うどん、牛肉(うし)、瓜などを食べていました。

でも、今はうなぎのイメージが強いですね。

うなぎをたべるようになった習慣の由来は諸説ありますが、「平賀源内説」が最も有力でご存じの方も多いのではないでしょうか?

江戸時代中期の平賀源内という学者が、夏に売上が伸びないといううなぎ屋からの相談を受け、「本日丑の日」と張り紙をするよう提案しました。

そこからそのうなぎ屋が大繁盛し、周りのうなぎ屋もこれを真似したことで、この風習が現代まで続くようになったみたいです。

実際、うなぎはビタミンA/B郡を豊富に含み、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待されています。

ここで衝撃の事実!

実は、うなぎの旬は晩秋から初冬にかけてです。魚は冬のほうが脂がのってて美味しいと感じません?

うなぎも一緒です。夏は味が落ちると言われています。というか、味が落ちます(苦笑)!

夏の土用の丑の日くらいしか、うなぎを食べない。という方!!うなぎって、ほんとはもっと美味しいんですよ。

一度、旬の晩秋から初冬のうなぎを食べてみてください。頬っぺたが落ちるほど、ホント、美味しいんです。

最後に、うなぎ屋あるあるをひとつ。

世の中が平和だと、うなぎ屋は「二の丑」が忙しいんです。ちなみに、二の丑とは2回目の土用の丑の日です。

世の中が平和で大きなニュースが無いと、ワイドショーやニュースで「二の丑」の話題が取り上げられ、勝手に宣伝効果を発揮します。

逆に、テレビであまり取り上げられない年は、普段の日を変わりません。それだけ浸透していないってことですね。

今年の暑い夏を乗り切るために、ぜひ今年も、土用の丑の日(7月28日)に栄養価の高いうなぎを食べてくださいね。

土用の丑の日とは? 2021年は7月28日(水曜日)

土用の丑の日

土用って何だ?

土用とは、どんな日かご存知ですか?

土用とは……

立夏・立秋・立冬・立春の前のそれぞれ十八日間のことを指します。

古代中国に端を発する自然哲学の思想である「五行思想」に基づく、季節の変わり目を意味しています。

季節の変わり目といえば、、、体調が不安定になる時期ですよね☆

さらに、日本の暦は干支が順番に巡っています。

この土用の期間に、丑の日が順番に回ってきたタイミングを「土用丑」といいます。

土用の期間は18日間あるため、土用の入から7日以内に丑の日が回ってくると、土用丑が2回存在することになります。

この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。

しかも、土用の丑と聞くと、やはり、「夏」を真っ先にイメージしますが、冒頭でお伝えしたとおり、土用は春夏秋冬すべての季節にあります。

だから、「土用の丑の日」も年に4回あるんですよ。

うなぎのかば焼き、関東風と関西風の違いは「開き」と「焼き」

うなぎの直火焼き_身側_うな勢

うなぎのかば焼き、関東風と関西風ポイントは『開き』と『焼き』の2つ

うなぎの関東風と関西風の違いは『開き』と『焼き』の2つです。

まず、うなぎの「開き」について。

これは江戸時代の武家文化において、うなぎの腹開きは切腹をイメージさせることから背開きになったと言われています。

関東は「背開き」。

一方、関西は「腹開き」。

関西は商人において腹を割って話すという商人文化から、うなぎも腹開きが好まれるようになったそうです。

写真・背開きのうなぎのかば焼き(関東風)うなぎのかば焼き_背開き_うな勢

写真・腹開きのうなぎのかば焼き(関西風)
うなぎのかば焼き_腹開き_うな勢

次に、うなぎの「焼き」についてです。

関東は「蒸し焼き」。

うなぎは蒸すことでふっくら柔らかくなります。

ふっくらしたうなぎは大きく見えることから、「見栄を張る」武家文化で好まれるようになったそうです。

また、うなぎを蒸して火を通しておくことで、調理時間が短縮され、せっかちな江戸っ子気質に合っていたそうです。

いかに早く柔らかくするかを追求した結果、関東はうなぎを蒸してから焼く習慣が生まれたんですね。

そんなうなぎの「蒸し焼き」の関東に対し、関西は「直火焼き」です。

写真・うなぎの直火焼き(関西風)
うなぎの直火焼き_皮側_4本_うな勢

蒸さずにうなぎをじっくり焼くことで、うなぎの表面がサクッとなり、中がふんわりな仕上がりになります。

その為、うなぎを生から直接炭火で焼くため、時間がかかり、柔らかくするためには職人の技術が必要になります。

ポイントはズバリ、その焼き時間です!

商人はじっくり商談したいため、うなぎの焼く時間が少しかかるくらいがちょうどよかったとか。

と言うのが、一般的に説明されるうなぎの関東風と関西風の違いです。

武家文化の関東、商人文化の関西、江戸時代からの流れが現在のうなぎの食文化に色濃く残っている。とても興味深いですよね、、、

最後に、うなぎ屋だからこそ分かる豆知識をひとつ。

開き方の差は単に作業効率!!

なので、腹開きで竹串に刺して蒸すと、身が崩れて落ちてしまいます。

逆に、背開きで金串に刺して直焼きすると、真ん中が焼けにくく、焼き上がるのに時間がかかり、満遍なく焼けません。

だからこそ、うな勢では、腹開きで金串を使い、直焼きをしているんです。

開き方が違う理由はそれだけ!!

信じるか信じないかはあなた次第です!